憧れの「理想の家」に住むための情報まとめサイト

住宅に住む前に情報収集をしよう

注文住宅での建築

注文住宅建築における施主チェックの重要性

注文住宅を建築した際に工事が終わり引き渡しをする前に施主による検査、確認というのが行われます。この検査は注文住宅が注文通りに施工されているか、新築に傷や不具合がないかなどをチェックするものです。ほとんどの建築会社ではこの検査を行った後に書類にサインを求めます。書類というのは最終的に住宅が間取り通りにできているという署名をするものです。この書類にサインをすることでローンを組んでいる場合には最終金が建築会社へ支払われるのです。 悪質な会社でなくてもこの書類にサインをした後に見つけた不具合に関しては建築会社では対応してもらえないことも多いのです。中には明らかに工事中の不具合というものでも対応してもらえない場合もあるのです。中には施主検査といわずに立ち合いを求め器具の簡単な説明を行っただけで書類にサインを求められるケースもあります。ゆっくりと住宅を見て回る時間も与えられずに書類にサインを求めるケースもあるなど注意が必要なのです。

施主チェック時の指摘内容の修理方法

注文住宅に限ったことではありませんが、住宅の工事中にはどれだけ気を付けていてもついてしまう小傷などもあります。せっかくの新築住宅なのでこうした小傷全ても直してほしいと感じる人も多いです。しかしこうした小傷を直すといっても実際には材料を交換するのではなく補修によって目に見えないようにするという対応しかできません。もちろん玄関などにある明らかな傷などほかの人も目にする可能性があり注文住宅の印象を著しく下げてしまうような場合には交換などの対応も必要です施行した対応をするケースもあります。しかしこうした対応をしてもらえるケースはごく稀なのです。場合によっては補修をしてもらったばっかりに年月が経つと余計に目立ってしまうということもあるのです。修理を求める場合にはどのような修理方法で治すかという確認をしっかりすることで修理の有無を判断する必要もあるのです。

世界にひとつの家

注文住宅の利用は、三栄建築設計で行いましょう。世界にひとつだけの家作りをコンセントとしているため、内装や外装はもちろん、機能性にまで新鮮さを取り入れることができます。世界にひとつだけの家を建築しましょう。

賃貸で家を借りる

地域や路線など、エリアを明確にしたうえで賃貸物件を探すようにすると、理想の物件を探しやすいです。そのなかに譲ることができない条件などが含まれると、理想とする住まいに近い物件が探しやすくなります。

情報を得る

賃貸情報を得るための手段は多くあります。そのなかでもとくに便利なのが「インターネット」です。スマートフォンが普及したことでいつでもどこでも情報を集取することができます。